カードローンとキャッシングの違いとは?

カードローンとキャッシングの違いとはなんでしょうか?

 
カードローンとキャッシングって何が違うのかと聞かれることがあります。
お金を借りる手段というジャンルで考えれば両者に違いはありません。しかし、返済方法という面で考えれば両者には差があると言えるでしょう。

多くの場合、カードローンは返済方法が分割払いです。必要最低限の返済額を支払い続ければ完済することができるため、ちょっと多額の資金を調達したいという場合にはありがたいです。

 

これに対し、キャッシングは返済が一括払いになることが多いです。クレジットカードなどで「キャッシング枠」という利用可能額がありますが、これはお金を借りることができる限度額を表しています。

 

このように返済スピードが違うという差があり、この差が両者の長所と短所を如実に表しています。
カードローンの長所は、多額の資金を長期間にわたって分割払いできるという利点があるものの、利率が高いカードローンの支払を長期化させることによる利息支払額の増加は大きなデメリットです。

 

これに対し、キャッシングは借りている期間が短いため利息負担額は少なくなります。しかし、その反面長期の借入はできません。

 

長所と短所が逆になって表れる両者ですが、使い勝手を重視するのであればカードローンがお勧めです。返済期間が長くなりがちですが、繰上返済ができることが多く、資金的に余裕があれば返済をすることで完済時期を早めて、利息支払額を少なくすることができます。

 

これに対し、普段は使う予定がないものの、万が一お金が足りなくなった時のために資金調達手段を持っていたいというのであればクレジットカードのキャッシング枠がお勧めです。借りる金額が少ないため審査も緩めであり、気軽に申込できるためです。